転職活動中の費用はどのくらい?生活費や転職コストを見積もっておこう

転職したい、転職活動をはじめよう!と思い立った時、まず考えなくてはならないものの一つが、活動中のお金のこと。

充分な蓄えがあるなら問題はありませんが、限りある貯金と相談しながら、ギリギリの転職活動をしている人も少なくないはずです。

より良い転職を実現するためにも、まずは活動中にお金の心配をしなくてすむようにしたいものです。

今回は、忙しい転職活動中の生活を支えるお金の問題について考えてみます。

スポンサーリンク

転職して最初の給料をもらうまでの期間はどのくらい?

転職先が決まる前に前職を辞める人の場合、一体どのくらいの費用を見込んでおけばいいのでしょうか。

一般的に、転職活動をはじめて、ある企業に応募してから内定が出るまでの期間は、およそ2〜3ヶ月と言われています。もちろんケースバイケースではありますが、それ以前の情報収集などの準備期間も考えると、やはり3ヶ月程度の生活費は必要となってきます。

内定となってからも、その受諾から実際に仕事をはじめるまでには、ある程度のタイムラグが生じます。1ヶ月近くかかることもあるでしょう。

給料は、最初に働いた月の分を翌月末で支払うという会社もたくさんあります。

そういったケースを考えると、もし仮に1月から転職活動をはじめたとして、最初の給料がもらえるまでに実に5ヶ月かかるということになるのです。

さらに年末年始や夏期休暇などをはさむと、平気で2〜3週間は先へずれることもあります。

要するに、6ヶ月近くは入金がゼロの状態で、生活費や転職活動費を捻出しなければならないのです。

転職活動中でも支払うべきコストとは

会社員だった人が退職すると、次の転職先が決まるまでは国民年金に加入する義務が生じます。その額は、サラリーマンだった前年の収入がベースとなって計算されるため、非常に高額になるケースが多いのです。

年収700万円の場合は、国民年金保険料は70万円程度(年間)、半年分は半分としても35万円を支払わなければなりません。無収入の時期にこれは非常にきついことになります。

国民健康保健も同様のことが言えます。前年の収入を基にするので、ビックリするほど高く感じられます。(サラリーマン時代は会社が半分持ってくれていたのが、すべて自分で支払うことになるのも関係してきます)

さらに加えて住民税の分割払いもあり、生命保険や住宅ローン・車のローンなどを返済する人にとっては、相当キツイ経済事情となってしまうのです。

年金やローン返済には減免措置を申請することが可能です。万が一の場合はそういった対応も考えるべきでしょう。

転職活動に使う費用は、それらとは別で確保しなければなりません。

応募書類の切手代も、何十通・何百通となると意外とかかってきます。封筒や履歴書代、プリンタのインク費用なども考慮する必要があります。
面接に出向く際には交通費もかかります。

ざっくりと計算すると、転職活動の最中の1ヶ月のコストは、約30万円ほどになる人が多いと思われます。

蓄えで乗り切ることが不安な方は、アルバイトをするのも一つの手です。しかしフルタイムで毎日働くのはNGです。面接に対応できるように、アルバイトで働く曜日と転職活動に費やす曜日は分けておくといいでしょう。

転職期間を短縮するためにすべきこと

収入がないまま半年ももたない!という方も少なくないでしょう。無収入(あるいはアルバイトのみ)の期間を短縮できれば、経済状況はうんと楽になります。

もしも可能な限り早期の転職を希望するのであれば、転職エージェントを効率的に活用するのがもっとも適していると考えます。

転職エージェントは独自の情報網・転職案件を持っており、一般には世に出ていない案件もたくさんあります。それらの中に、自分にマッチした転職案件があれば、半年と言わず1ヶ月ほどで採用が決まることだってあるのです。

ただ、そのためには、企業が望む分野での優れたスキルやキャリアが必要であることは言うまでもありません。

あなたのどんな特徴がマッチするかは、話をしてみないことにははじまりません。まずは一度、転職エージェントに登録して、担当者としっかりコミュニケーションを取りながら、これから先の転職活動について計画的に進めていくことが重要です。

信頼できるパートナーとして転職エージェントを活用する

転職期間をできるだけ短くするために、またその中で最適な企業とマッチングするために、転職エージェントは大きな力となってくれます。

自分一人だけの転職活動では、どうしても無理や無駄が出てしまいますが、エージェントとの共同作業とすることで、はるかに効率的な活動が可能になるのです。

あなたに代わって企業との連絡を取り、面接の段取りなども進めてくれます。採用後の年収の交渉も一任できるため、あれこれと気を使う必要もなくなるのです。

何よりも、信頼できる転職のプロに相談しながら不安や悩みを解消できる点も、転職活動を成功させるためにはとても大事なことです。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。



転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする