週休3日の正社員もある。早くブラック企業から抜け出して働き方改革の波に乗ろう

週休3日制を採用する企業が、だんだんと増えてきています。

政府が「働き方改革」を推し進めていることもあり、長時間労働の是正やダイバーシティ推進、テレワーク推進、同一労働同一賃金など、この国のワークスタイルは大きく変わりつつあるのです。

そんな中で注目を集めている「週休3日」という働き方。残業続き、休日出勤まみれで疲れ切っている方にとっては、信じられないような話かもしれません。

今回は週休3日制について、様々な側面から解説していきます。

スポンサーリンク

残業で死にそうな人ほど週休3日企業への転職を視野に

毎日毎晩、果てのないサービス残業で心も体も疲れきってしまっている人は、厳しい現状を変えるためにはどうすれば良いか、考えたり動いたりする余裕はあるでしょうか。

週休3日を取り入れている企業は、どこも社員のことを真剣に考え、魅力的な会社になるための努力を惜しまないところです。社員が残業してばかりという環境を変えるために、負担を減らし休みを増やすという方向へ大きく転換していった企業もあります。

もしも、今いる会社にそういった変化の兆しが見られないなら、何よりも自分を守るために一歩踏み出す時だと言えます。自分の将来と、家族のためでもあるのです。

いち早く週休3日制を導入して、正社員を求めている会社はいくつもあります。ずるずると疲れた毎日を引きずってしまうなら、意を決して「今」というチャンスをつかんでみることが重要です。

ブラック企業のやり方は自分の首を絞めている

週休3日どころか「月休3日」も難しいほどの長時間労働・時間外労働を課しているようなブラック企業は、相変わらず各地にあります。

そんな企業は往々にして、従業員をまるで会社の持ち物であるかのように私物化しているのです。

「企業は人なり」とはよく言われる言葉ですが、従業員が健やかに働く環境がなければ会社自体がうまく回っていくはずがありません。ブラック経営者たちもわかっているはずなのに、見て見ぬフリをしてしまっているのが現状です。

従業員のことを、モノや道具にしか思っていないようなブラック企業は、すぐにでも見切りをつけるべきです。

辞めたいけど辞められない時は思い切って退職代行サービスを利用する

もしも今、様々なしがらみや、上司や周りの「辞めるなよ」という声や圧力に縛られているなら、退職代行サービスの利用を考えてみてください。

退職代行は、あなたに代わって会社に退職の意思を伝えてくれるサービスです。

ブラックな環境では、退職届を渡したり、「辞めます」の一言を告げることは、本当に大きなパワーが必要です。

特に仕事のストレスにつぶされそうな時は、本当の気持ちを伝えにくいもの。

あなたが良い人すぎる場合もそうでしょう。誰かに負担をおしつけたくないから、自分が我慢してしまうパターンです。

ただ、辞めたい気持ちが固まっているのなら、今の仕事を続けることは辛すぎます。

そんながんじがらめな時間を、退職代行サービスが救ってくれるのです。

退職代行サービスEXITの公式サイトはこちら

転職したいのに今の会社を辞められなくて困っているなら、悩んでいる時間こそがムダです。

今の時代、効率の良いやり方を知っている(そしてそれを上手く使える)人ほど、成功する確率は高くなります。

連絡をお任せするだけで、退職のストレスはグッと減ります。

次へのステップをもっとスムーズにするために、ぜひ利用してください。

週休3日制の働き方

一言で週休3日といっても、大きく分けて2つの働き方があります。

週休3日を採用している企業のほとんどは、どちらかになります。

1.労働時間キープ・給料キープタイプ

1週間の総労働時間は同じようにキープして、給料も減らずにキープするというやり方。

従来は、1日8時間で週5日働いて合計40時間だったものを、1日の労働時間を10時間に変更することで週4日勤務・3日休みを実現しています。

働く時間が変わらないので、当然給料も変わりありません。

これまでのように8時間働いたあと2時間分は残業…というわけではなく、1日に10時間働くことが義務となるので、1日の時間配分や心構えが変化しそうです。

2.労働時間短縮・給料減タイプ

1日8時間勤務というスタイルは変えず、単純に休みを1日増やすというやり方です。

1日8時間で週4日勤務・3日休みとなるので、週の労働時間は32時間。週40時間からは8時間分少なくなり、その分給料は減ることになります。

労働時間が減って給料は同じというケースも

週休3日制は「労働時間同じ・給料同じ」か、「労働時間減る・給料減る」の2択しかないのか…と思ってしまいますが、実はそうではないところもあります。

「労働時間減る・給料同じ」というやり方の会社もあるのです。

2017年8月に放送されたNHK「クローズアップ現代」で紹介された会社は、週4日32時間勤務で週休3日を採用。主に夜勤の社員に対して優遇措置を取り入れており、労働時間が減っても給料は下げないとしているそうです。

人手不足対策としての週休3日制

週休3日制を採用している企業の狙いは、人手不足対策であることが多いようです。

人手が足りないのに労働時間を減らすの?という疑問もわいてきますが、新しい働き方の価値が新規採用希望者を増やすことにつながり、効果を上げているのです。

また社員の中でも、介護や育児でどうしても働く時間を減らさなければならない人や、仕事以外のプライベートな趣味や個人の時間を増やしたいといった人たちの受け皿となるため、離職者を防ぐという側面も期待できます。

今の時代、人手不足は多くの会社が抱える悩みの一つ。ドライバー不足に苦労している物流業界でも、週休3日を取り入れて人手不足解消対策としている企業がいくつもあります。

広がる週休3日制。導入企業は増加中

魅力がたくさんある週休3日制ですが、給料が減ってしまう場合は注意が必要です。休みが増えても生活が苦しくなってしまっては元も子もありません。

育児のために週休3日を選択した人の場合、会社を通して国の支援制度を利用することで、収入減のダメージを抑えることができるケースもあります。

育児休業給付金や社会保険料の減免制度などが用意されており、女性だけでなく最近増えつつあるイクメン男性社員にも利用の輪が広がっています。

また、休日が3日になることで、会社の仕事以外に副業をする人も増えています。せっかくの休みなのにまた働くのか…とガッカリしてしまいそうな気もしますが、副業では本当に自分のやりたいことにチャレンジできたり、本業とは別ジャンルの仕事で新たなスキルを身につけられたりと、リフレッシュしながら収入を得る働き方にもなっているのです。

週休3日を採用する企業は、全体からみればまだ少数ですが、着実に増えてきており、今後はさらに増えていくことが予想されています。

かつて、日曜日だけが休みだった時代から週休2日が当たり前になってきたように、さらなる働き方のパラダイムシフトが実現されようとしているのです。

生きた企業情報がほしいなら転職のプロに相談を

週休3日を採用している会社は、自分が通えるところにもあるのだろうか。と不安になる方も多いでしょう。

最近は関東・関西など都市部でも採用企業は増えてきています。

旬の採用情報・転職情報をいち早く知りたいなら、まずは転職のプロと一緒になって転職活動をはじめる方法があります。

転職のプロとはすなわち転職エージェントのスタッフです。これまで多くの転職成功者をサポートしてきたキャリアアドバイザーたちは、独自の情報網を駆使して、希望に沿った求人案件を紹介してくれます。

さらに、転職希望者が自分一人では身につけることが難しい知識や、転職の方法論を教えてくれます。

まずは簡単な無料登録をして、自分のこと(経歴など)、希望する仕事や会社について、相談してみましょう。

明日を変える第一歩は、そこからはじまるのです。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。



転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする