転職の注意点の中でも「前の会社の悪口を言わない」ことは超重要

転職を成功させるために注意すべき点はいくつもありますが、なんとなく、理解しているようでしきれていないこと、実践しにくいことというのもあります。

今回はその中でも「前の会社の悪口を言わないこと」という一点に絞って解説していきます。

スポンサーリンク

前の会社の悪口から様々なことがわかる

たとえば面接の場で、あからさまに前の会社の悪口を話す人はそうはいないでしょう。ネガティブな発言は良い結果につながりにくいということは、誰もが承知しているはずです。

ただ、言葉の端々にそうした悪口的な意味合いが含まれてしまうのはよくあることです。

「なぜ、前の会社を辞めたのですか?」「どうして、今の会社から転職したいと思うのですか?」というのは非常によく聞かれる質問です。

それに対して「今の仕事が嫌だからです」「今の会社ではやってられないと思っています」とは言わないにしても、転職の理由を細かく聞かれていくうちに、本音はどんどんもれていきます。

たとえば、こんなふうに答えたとしましょう。

「今の仕事はやりがいがあります。さらにステップアップした環境でやりたいと思い…(中略)今のままでは先が見えているので、環境を変えるのが一番だと。同じことを繰り返していても新しいスキルは身につかないので」

一見、前向きな発言のようですが、採用担当者が「すぐに職場を変わりたがる人」「同じことをやるのが苦痛な人」というレッテルを貼ってしまうことだってありえます。「うちの会社でも同様な不満を持つのではないか」と思われてしまったら、そこで試合終了となってしまいます。

前の会社への不満を転職の理由にしない

どんな人でも、前の会社に対して何かしらの不平・不満は持っているでしょう。何一つ不満がなければ、そもそも転職など考えないはずです。

ただ、前の会社への不満が、転職の理由であるかどうかは別の話です。

労働環境やモチベーションなど、悪口を言いたい部分はいくらでもある。でも、それを転職の理由としてしまったら、絶対にネガティブな意味づけしかできなくなってしまいます。

不満や悪口は実際にあるものとして一旦横にどけておき、転職する理由はあくまで前向きな意思表示をするべきです。

転職成功者は前の会社を悪く言わない

転職活動を上手にこなし、早い段階で採用を勝ち取ったり、希望の仕事に転職できた人からは、前の会社の悪口を聞くことはほぼありません。

これは、採用に不利になりそうだから本当は悪く思っているのにそうは言わない、というわけではないのです。実際に前の会社に愛着を持っていることが多いからです。

担当した業務をきっちりとやりきった、それによって仕事の回し方やスキルを身につけられた、上司や先輩からのサポートやアドバイスに助けられた…様々な恩恵を受けたという経験は、感謝こそすれども、悪口を言うような環境ではないのです。

ただ、そういった幸福な仕事環境にいた人ばかりではないのも事実です。劣悪な労働環境で、誰からのサポートも得られずに、孤軍奮闘してどうにか実績をつくりあげてきた人もいるでしょう。

実はそういった人でも、苦しく厳しい前職のことを悪く言ったりはせず、「そのおかげで今のスキルを手に入れられた」「どんな苦しい時でもやり抜く意志を貫いた」と、あくまで前向きに置き換えているのです。

つまりは、発想の転換です。同じ状況を過ごしていても、それをどう捉え、今後にどう生かすかを意識していれば、ネガティブな心持ちでいることが何も生み出さないということに思い至るはず。

転職成功者は、そういったノウハウを知っているので、決して後ろ向きな発言をしないことで採用担当者に良いイメージだけを残すことができるのです。

本当に悪い会社だった時はどうするの?

転職活動をしている方の中には、今働いているのが本当にどうしようもなくブラックな会社なので、一刻も早く逃げ出したいのが本音…というケースも少なくないでしょう。いくら前向きな捉え方をしたくても、心にもないことを言うことはできない、まったく何ひとつとして良いところなんてない。

日々、心が折れそうなのを必死でこらえている人は、「悪口は言わない」などというキレイ事を言っていられるのか。

はっきり申し上げると、それでもキレイ事を言うことに徹するのです。転職活動は、正直な告白の場なんていうものではありません。いかに自分が使える存在であるかを、他の誰よりも強くアピールする場所なのです。

真っ赤な嘘をつくのは後々自分の首をしめることになりますが、多少の演出は必須です。

「本当にブラック企業で、死ぬほど苦労しました」と白状して、あなたを哀れんで救いの手をさしのべてくれるような会社は、ありません。会社はボランティア活動をしているのではないのです。

転職成功者は、前の会社の悪口を決して言ったりしない。そういう傾向があるのなら、それを必死で踏襲するのです。嫌な思い出しかない前の会社であっても、新しい職場を得るためのステップとして利用すると思えば、喉元まで出てきている悪口ものみ込めるはずです。

困った時こそ転職のプロに相談を

自分の場合は、会社の悪口しか出てこないのだけれど、なんとかして前向きな転換ができないだろうか…

他の転職成功者たちは、一体どんな言い方をしてきたのだろう?

自分一人で転職活動をしていると、今回のような悩みや葛藤を解消しようとしても、どうしても袋小路にはまりこんで抜け出せないことはあります。

前の会社の悪口は言わないほうがいい、というのは充分わかっていても、それを踏まえて具体的にどんなふうにアピールするのがいいのか。

そんな時は、一人で行ってきた転職のやり方を一新して、転職のプロと一緒になって挑んでみるという方法があります。

転職のプロとはすなわち転職エージェントのスタッフです。これまで多くの転職成功者をサポートしてきたキャリアアドバイザーたちは、皆生きた経験を持っていて、自分一人では決してわからない知識や方法論を教えてくれるのです。

まずは簡単な無料登録をして、自分のこと(経歴など)、希望する仕事や会社について、相談してみましょう。

明日を変える第一歩は、そこからはじまるのです。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。



転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする