転職のやり方がわからない。中高年の転職は今どきの賢い転職方法を知ることから

40代・50代になってはじめて転職活動をする人は、現代の転職のやり方を理解していない人が少なくありません。

転職経験のない中高年世代は、自分たちが若い頃に経験した就活スタイルを踏襲してしまいがち。

今の時代にふさわしいやり方をしないと、望む結果にたどり着けず、マイナス評価にもつながってしまい、転職成功が遠のいてしまうのです。

スポンサーリンク

転職初心者は、今の時代の転職スタイルを押さえておくこと

40代・50代と若い世代では、転職活動の様々な点で考え方やスタイルが異なる点がいくつかあります。

特に中高年世代は、自分が知っている範囲のことだけが世間の常識である、と捉えてしまうことも。

履歴書や職務経歴書

わかりやすい例は、「履歴書」「職務経歴書」などの提出書類。

かつて中高年層が新卒だった時代は、まだ履歴書は手書きが当たり前でした。

一文字ずつ丁寧に手書きで記入して、一文字でも間違えたら新しい書類に書き直す…というのがその頃の「常識」でした。

現在は、手書き・パソコン作成が混在していて、それこそ企業や年代によってどちらが良いかが分かれています。

中には、手書きは非効率的で前時代的といった批判もあるくらいです。

外資系企業やIT企業では、手書きの書類を提出すると、PCなどを使いこなせていないと判断されてしまうこともあるので、注意が必要です。

面接時のスタイル

面接に臨む際の「外見」でも気をつけるべき点があります。

40代・50代は面接時にいつも着ているスーツで行くかもしれません。

普段あまり服装や流行などには無頓着で、ヘタってヨレヨレのスーツで仕事をしている人も多いでしょう。

物持ちがいい人は、10年くらい前のスーツでも充分着こなしているはず。

ただ、スーツの型には流行があり、「定番」と言われているスタイルでも古臭い印象を与えてしまうことも。

スリムでタイトなシルエットが主流の今、ひと昔ふた昔前の、だぼっとしたゆるいシルエットのスーツを着ていたりすると、どうしても見た目で損をしてしまうのです。

アパレル系や、若いスタッフが多い企業への転職を志しているのであれば、見た目にも気を使うことは重要です。

流行の先端である必要はありませんが、周りの皆の着こなしをチェックしたり、時にはスーツ一式を新調するのも、思わぬマイナス要素を食らわないための措置だと言えます。

転職情報はネット中心に見つける時代

転職先の企業を探す方法も、ひと昔前とは随分と事情が変わってきています。

かつて主流だった転職・就職のフリーペーパーや情報誌は、今や激減しています。

現代はインターネットでの展開がメインとなり、企業の採用情報は転職サイトや転職エージェントに掲載。自社のWebサイトで告知するところも増えています。

自宅やスマホで気軽に情報を得られる時代になった一方で、手に入れられる情報が多すぎて逆に絞り込むことが難しいという問題も出てきました。

転職はタイムリーな情報をいかに的確に・迅速に獲得できるかが、一つのクリアすべきハードルとなってきているのです。

参考:求人がないと嘆く前に転職エージェントの活用を。求人は「ない」のではなく「探せていない」のかも

今という「時代」と、自分という「年代」の両方を意識すること

ここまで、

・転職は、今までの自分が持っている常識だけでは無理がある。
・且つ、情報を仕入れすぎてもムダが出てきてしまう。

ということを述べてきました。

中高年世代の転職初心者の方は、ぜひ気をつけていただきたい注意点になります。

さらに加えて、転職の経験がある方でも、意外なところに落とし穴は潜んでいます。

20代、30代と転職経験があり、今40代となって新たな転職先を探しているという場合、今までのやり方では通用しなくなるのです。

この場合の「やり方」とは、書類の書き方や外見といった話ではありません。

自分の年代(年齢)にふさわしい転職理由が新たに必要となってくる、すなわち「転職の本質」ともいうべき部分の話になります。

20代で「もっとやりたいことがある」「そのために努力している」といった、いわゆるポテンシャルで成功した経験は、40代では効果がありません。同じ理由を持ち出すことは、むしろ逆効果になります。

40代・50代にはその年代なりのキャリアやスキル、マネジメント分野での実力などが必要となってくるのです。

自らを客観視して、自分にはどのくらいの市場価値があるのかを把握できていますか?

今の会社から飛び出すと仮定した時、あなたの相対評価はどの程度か理解できますか?

わからなかったり、少しでも不安要素があるのなら、迷わず転職のプロを頼ってみることをおすすめします。

転職エージェントで今の時代にふさわしい転職活動を行う

現代の転職市場で、あなたという人材を「適材」と認めてくれる企業はどこなのか。

自分の希望する分野や会社は、果たして自分を受け入れてくれる余地はあるのか。

実際はその会社に応募して、面接を経なければわからないものです。

しかしある程度、事前にそういった採用状況を知ることも可能です。

それは「転職エージェント」を活用することで可能になるのです。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。




転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする