医療事務を辞めたい。職場の悩みやストレスでつぶれる前に一歩踏み出せますか?

座ってできる事務仕事で、安定して働ける。仕事内容はさまざまだけど、今は分業制も進んでいて、自分に合った働き方を選べる。

今も昔も、医療事務の仕事は女性の人気職種です。

なのに、実際の現場から聞こえてくるのは、医療事務の仕事への不安・不満・悩みの声の数々。心身が疲れきって、もう辞めたい…と苦しんでいる人も大勢います。

リアルな医療事務の現場の厳しさは、働いている人なら全員がわかっていることでしょう。

ハードな思いをしながら、これからもこの仕事を続けるべきか、それとも…と迷っている人に、一つの動き出すきっかけとなる記事をお届けします。



スポンサーリンク

医療事務の現場では誰もがストレスを抱え悩んでいる

女性が働きやすい仕事の代表格、医療事務職。最近は男性の事務員が増えつつあるとはいっても、現場ではまだ女性の方が圧倒的に多いです。

「医療の現場」という特別な職場で、多くの医療事務員が悩みを抱え、苦しんでいます。

せっかくたどり着いた仕事の場を辞めたくなるほどの悩み・問題点とは、どんなものなのでしょうか。

またそれらは、本当に解決できないものなのでしょうか。

女性だらけの人間関係の悩み

医療事務に限らず、女性が占める割合が多い職場では、独特の人間関係に悩める人々が必ずいます。その多くが、陰湿ないじめや嫌がらせです。

いじめや嫌がらせの原因は、いじめる側の論理に基づくことが多いため、いじめられる側(悩んでいる当人)自身ではなかなか気づけなかったり、解決できないことも多いです。

その病院ならではのルールを覚える前に、それを守らないと叱責される。

まだ不慣れな入力ミス、機器の操作ミスを激しく非難される。

どう考えても理不尽な言いがかりを受け、反論もできず罵倒される。

周りは皆いじめる側についてしまい、孤独な立場になってしまう。

一人でどうしていいかわからず、気持ちも不安定になってミスを繰り返し、悪循環におちいってしまう…

思い当たることがいくつあるでしょうか。

その職場に長く勤めている人が仕事ができるのは当たり前なのに、仕事が全然できないと言って新人がいびられる。

「新人いびり」が常態化していて耐えきれずに辞めてしまう新人が後を絶たず、数ヶ月おきに新たに募集を繰り返している医療機関もあります。

お局さま的存在の人を皆が恐れて(あるいは、仕事ができるせいでアンタッチャブルな立場となり)、やりたい放題がまかり通っている。

また、(主に女性の)医師や看護師から、医療事務だからと下に見られて嫌味や悪口を浴びせられたりすることもあります。

医療事務の現場は、女性のドロドロした部分がよどんでからみあった場所になりがちです。

メンタルが弱い人にとっては、まさに息もできなくなるくらいのストレスが襲ってくるのです。

侮れない同僚との関係

人間関係では、同僚との相性もとても重要になります。

世代・年齢がちがいすぎて話がまったく合わなかったり、趣味やライフスタイルのちがいもストレスの大きな原因になります。

特に少人数で仕事をする小規模なクリニックなどでは、顔をつきあわすことが多いだけに、憂鬱さも半端ないものに。

同僚との関係がよくない(今後もよくならない)ことも、辞めたい理由として挙げられています。

多すぎる仕事量と知識量の悩み

レセプトを一通り作成できるようになるだけでも、診療報酬の基礎的知識から最新の情報まで、非常に幅広い業務知識が必要となってきます。

国の医療関連の指針や法律はひんぱんに変わるため、それに対応するために常に新しいやり方や知識を学び続けることも必須です。

さらに膨大なカルテの管理、受付業務や会計業務の知識・技術も身につけることが求められるため、よほど人員・システムが整備された医療機関でないかぎりは、皆が非常に忙しいことが常態化しています。

カルテやレセプトを入力するパソコンソフトも、それぞれの医療機関で別々のシステムを採用しているため、環境が変わると新しい操作方法をイチから学ぶことになります。

中にはサービス残業が当たり前という職場もあり、日常生活にも支障をきたしてしまうことも。

低い給料の悩み

正社員として医療事務の仕事に就いている人でも、勤務先によって給料の額は大きな差があります。

平均的には、年収250万円から400万円あたりとなりますが、派遣社員など非正規待遇で医療事務をしている人はさらに低く抑えられることになります。

また、勤続年数に応じて給料が上がるのが普通だと思っていると、そのまま据え置かれたままになるところも少なくありません。

小さなクリニックなどは経営者の心もち一つが基準となってしまうので、その点は注意しておく必要があります。

その他にも、理不尽でわがままな患者(モンスター・ペイシェント)への対応に悩まされたり、命を預かる医療現場で働いているというプレッシャーに耐えられないなど、不安や悩みの種は数多くあります。

日々の苦しみを緩和する対策をしないままで仕事を続けていると、自分自身の健康状態もわるくなってしまう。

「医療事務の仕事なんて、もう辞めてしまいたい…」と思い悩むほど心が追い込まれる前に、何らかの手段を取らなければならないのです。

医療事務という仕事のメリットを捨てる?

そもそも、医療事務の仕事を目指したきっかけは、何だったのでしょうか。

多くの人は、「女性が比較的なりやすい仕事だから」「仕事として安定しているから」「医療現場で働くという好イメージ」などを抱いてきたことでしょう。

実際に働いてみると、理想と現実のギャップはたくさんあるものの、医療事務ならではのメリットというものも確かにあるのは事実です。

医療事務は全国どこでも働ける仕事

病院などがあれば必ず医療事務は必要となるため、大都市から田舎まで、どこに行っても働く場所は必ずあります(その医療現場が「いい」「わるい」は別として…)。

家庭の事情で引っ越すことになったり、今働いている職場を何らかの理由で辞めることになっても、次の職場が比較的見つけやすいのは大きなメリットです。

資格がなくても働ける

医療事務の仕事は覚えることが非常に多いものの、必ずしも資格を取らなければならない仕事ではありません。なりたいと思い、それなりに努力すれば資格がなくても働けるようになる。それも医療事務の人気の理由です。

もちろん、国家認定資格や、民間団体などが主催している資格試験などがありますので、自分のスキルや待遇をアップさせたい人は資格取得を目指す(あるいは採用前に取っておく)ことになります。

何歳になっても働ける

医療事務は人気の仕事で、ひんぱんに求人を行っている医療機関も多く、特に経験がある人にとっては再就職・転職(職場を変わる)がしやすいと言えます。

出産や育児などで一旦仕事を離れても、経験者は再就職の目安がつきやすいのも人気職業である理由です。

その一方で年齢の壁というのも指摘されることがあります。その一つが、「30歳を超えると採用されにくい」というもの。

ただ、病院にしろクリニックにしろ、実際の医療事務の現場を見てみると、比較的年齢の高い人たちも数多く働いておられます。その誰もが、ずっとその職場で働いているわけでもないのです。

「30歳を超えていたり、何年かブランクがあると、最新の診療報酬やシステムの知識がないから採用されにくい」という話も、それを払拭できる経験やスキルがあれば問題なくクリアできるでしょう。

ただし、メリットはデメリットと紙一重でもある

上記で紹介したメリットは素晴らしいことですが、裏を返すとデメリット・不安な点も持っているとも言えます。

たとえば「どこでも働ける」「いつも再就職できる」ということは、「それだけ辞める人も多い」ということ。辞める原因は人それぞれですが、何しろ悩みや不安・不満が多い仕事でもあるだけに、どうしても耐えられない理由があることもわかっておくべきです。

「資格がなくても働ける」というのも、誰でもなれる=誰にでも任せられる、つまり「替えがきく」仕事であるとも言えます。替えがきかない存在となるためには、やはりそれなりの努力や成果を出さなければなりません。

「何歳でも働ける」のは、いくつになっても新しい知識や技術を身につけ続ける必要があるということ。この先、昔ながらのやり方でずっと働けるほど甘い仕事ではありません。それだけの努力をやり続けることができれば、何歳になっても仕事には困らないという厳しい世界でもあるのです。

都合の良い部分だけをとらえて「メリットだ」と思い込むよりも、マイナスの部分にもしっかりと注目して、医療事務の仕事をやっていけるのかどうかを判断すべきです。

他の病院・クリニックで悩みは解決できますか?

「医療事務を辞めたい」ということが、「今の職場では続けられない」ということであれば、職場を変わることで悩みや不安が解消できることになります。

もちろん、事前に新しい職場の事情についてできるだけ情報収集をすることが必要にはなりますが、新たな環境で心身ともにリフレッシュできることはよくあります。

レセプト入力やカルテの管理はどうやって(どんなシステムで)行っているのか、サービス残業はあるか・ないか、給料はどのくらいか、そういった点であれば事前リサーチでしっかり把握できるでしょう。

問題は、やはり人間関係です。その職場の人間関係は、実際に勤務してみなければなかなかわかりません。運良くその職場で働いている人に聞いてみることができたとしても、その人と自分自身とは立場もスキルも個性もまったく異なるでしょうから、あまり参考にはならないかもしれない。

それでも、「今」が逃げ出したいくらい悩んでいる状態であれば、飛び込んでみる価値はあるでしょう。大事なのは、今いる場所から一歩踏み出すことなのです。

辞めたいけど辞められない時は思い切って退職代行サービスを利用する

もしも今、様々なしがらみや、上司や周りの「辞めないでよ」という声や圧力に縛られているなら、退職代行サービスの利用を考えてみてください。

退職代行は、あなたに代わって勤務先に退職の意思を伝えてくれるサービスです。

退職届を渡したり、「辞めます」の一言を告げることは、本当に大きなパワーが必要です。

特に仕事や人間関係のストレスにつぶされそうな時ほど、本当の気持ちを伝えにくいもの。

あなたが良い人すぎる場合もそうでしょう。誰かに負担を押しつけたくないから、自分が我慢してしまうパターンです。

ただ、辞めたい気持ちが固まっているのなら、今の仕事を続けることは辛すぎます。

そんながんじがらめな時間を、退職代行サービスが救ってくれるのです。

退職代行サービスEXITの公式サイトはこちら

退職代行「EXIT」は、退職成功率100%を実績として掲げています(2019年10月現在)。サービスを利用した人すべてが、退職を実現できているのです。

自分だけでは様々なしがらみやプレッシャーのせいで、「退職したい」という思いを告げられずにいるのであれば、EXITの100%退職成功という実績にすがってみるのも一つの有効な方法です。

転職したいのに今の職場を辞められなくて困っているなら、悩んでいる時間こそがムダです。

今の時代、効率の良いやり方を知っている(そしてそれを上手く使える)人ほど、成功する確率は高くなります。

連絡をお任せするだけで、退職のストレスはグッと減ります。

次へのステップをもっとスムーズにするために、ぜひ利用してください。

医療事務の経験を生かしてステップアップする道

今の職場もそうだけど、医療事務という仕事に縛られるのも辛い。できることなら医療事務の経験が生きる、別の仕事を見つけたい。

そう願う人には、今の仕事からステップアップするイメージで、新たな仕事に挑戦してみるのもいいでしょう。

医療事務のキャリアやスキルを生かした医療関連の仕事なら「診療情報管理士」「医療秘書」といった仕事があります。

診療情報管理士とは

主な仕事は医療機関のカルテなどの登録・管理となり、通常は受付業務などで患者と関わることはほとんどありません。

正社員で雇用されることが多く、福利厚生や安定性で優遇された仕事です。

「診療情報管理技能認定試験」に合格すると、診療情報管理士という民間資格を取得できます。

まったく別の道を目指すなら転職のプロを頼るのがいい

厳しい毎日の中で、自分なりに精一杯頑張ってきたけれど、やっぱり今の自分は本当の自分ではない。もっと別の道で、自分なりに輝ける場所を見つけたい。

そんな思いが強くなった時は、思い切って新しいステージへと踏み出すことが大切です。

一番ダメなのは、悩みながら苦しい毎日をダラダラと過ごしてしまうこと。時間は待ってはくれません。後悔しながら続ける時間の、なんともったいないことかは、ずっと後にならなければわからないのです。

医療事務から別の業種・職種へと挑戦することは、キャリアチェンジになります。新しい別の業界のことは、まだよくわからないというのが正直なところ、ではないですか?

そんな時は、迷うことなく、転職のプロに相談してみることが重要です。

転職エージェントのスタッフ(キャリアアドバイザー)であれば、医療事務の現場で積み重ねたあなたの経歴やスキルをしっかりと把握した上で、望む転職先の希望に沿った求人案件を、ちゃんと探し出してくれます。

自分一人で転職に挑むよりも、はるかに効率的に、希望を実現できる可能性の高い会社を見つけ出せることも可能です。

まずは、転職エージェントに登録して、じっくりと「自分」のことを話してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェントは、大手総合型転職エージェントの【パソナキャリア】です。


利用者の満足度が96%という高い実績を示している、パソナキャリア。

パソナグループといえば、女性求職者からの評価が高いこともポイント

多くの女性転職支援の実績があり、出産・育児などのライフイベントを踏まえた上での提案も丁寧に行ってくれます。

パソナキャリアには、すべての業界・職種にそれぞれ専門のキャリアアドバイザーがいます。

きめ細かく丁寧な専任体制で、同職種でのキャリアアップ、異業種へのキャリアチェンジ、どんな転職にも最適なサポートをしてくれます。

利用者一人ひとりに対する親身なサポートは、会社選びにも現れています。

個人のスキルや経験を重視するだけでなく、どんなタイプの会社を志望しているか、社風に合っているかなど、一人ひとりに寄り添いながら本当にマッチする転職先を提案してくれるのです。

求人件数は40,000件以上、転職支援の実績も25万人。

未経験応募が可能な求人から、リーダー・マネージャークラス、部長・事業責任者クラスまで、幅広く豊富な案件を取り扱っています。

取引先企業も、大企業からベンチャー企業まで多岐にわたります。

だから一人ひとりの個性や思いに最適な企業が紹介可能なのです。

パソナキャリアを活用することで、こんなメリットがあります。

◎インターネット上では知りえない「非公開求人情報」を紹介してもらえる
◎応募手続き・面接日程調整など、面倒なことはキャリアアドバイザーに任せられる
◎年収アップなど待遇交渉も任せられる(年収アップ率は67%以上)
◎効果的な面接対策、履歴書・職務経歴書の添削など具体的なアドバイスが受けられる

転職の成功率をよりアップさせるには、まずは自分という人間をキャリアアドバイザーに理解してもらうこと。

ぜひ一度面談を受けてみて、あなたにぴったりの求人情報を紹介してもらいましょう。

登録、面談、その後の転職相談などはすべて無料なので安心です。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、もっと幸せな明日をかなえていきましょう。

【パソナキャリア公式サイトへ(まずは無料で会員登録)】

あなたが本来の自分を取り戻せるように

ポジティブなスマイル

いろいろなプレッシャーや悩みに負けそうになっている、そんな時でもあなたの頑張っている姿は、とても健気(けなげ)です。

ただ、いつまでも苦しみを抱えたままで頑張り続けることはできません。

あなたが幸せになるためには、あなた自身が、本来の自分を取り戻すことが一番大切です。

本当の自分がいるべき場所、あなたが一番輝ける場所が、もしも今いるところではないと思えるのなら、信じる方向へと一歩踏み出してみることです。

悩みを抱えたままで身動きできないのなら、そばにいる信頼できる友人や恋人に相談してみることです。

あるいは、仕事の悩みはその道のプロである転職エージェントに話してみることが、一番の近道であったりもします。

悩みが深くなりすぎる前に。まずは、「あなた自身の幸せ」を優先順位のいちばん最初にもってきて、どうしたらいいのかを考えてみましょう。

医療事務の仕事おさらい

最後になりましたが、あらためて医療事務という仕事についてまとめておきます。

仕事内容

病院やクリニックなど医療機関の受付や会計、カルテ管理、レセプト(診療報酬明細書)作成など、医療機関での事務を行う仕事です。

レセプトに不備があると差し戻しや請求点数の減点があり、収入に影響するため、気が抜けない業務になります。

前月の診療分を翌月5日か10日に提出することが義務づけられているので、月初はかなり多忙になります。

収入について

医療事務は正社員として採用されるよりも、契約社員や派遣、パートとしての雇用が多いです。

そのため収入はやや低くなり傾向があり、フルタイムで勤務しても年収200万円台から400万円程度が平均的。

資格があると手当てが付く場合があります。

資格について

様々な団体による資格があります。代表的なものは、以下になります。

「診療報酬請求事務能力検定」厚労省認定・日本医療保険事務協会

「メディカルクラーク(1級・2級)」財団法人日本医療教育財団

「医療秘書技能検定」一般社団法人医療秘書教育全国協議会

医療事務は、必ずしも資格取得が必須な仕事ではありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする