会社選びの段階から運命は動き出している。会社を選ぶために必要なただ一つのこと

なんとなく転職が頭の隅にあるけれど、具体的には何も行動していない。そんな段階から一歩踏み出して、実際に転職活動をはじめるきっかけは、いつ訪れるか誰にもわかりません。

毎日頑張って働いているけど、本当にやりたい仕事は今の仕事ではないとわかったから。

上司や同僚に恵まれず、孤軍奮闘しているようで毎日がつらい。

達成目標やノルマがキツすぎて精神的・肉体的に限界が訪れようとしている。

給料が安くて生きていけない。など。

他にもたくさん理由はあるでしょうが、その大元の理由となるのは、

「今の会社を選んでしまったから」

ということになります。

結果論ではありますが、後になってはじめてわかることは多いもの。

気づいた時点で、今後のより良い生活実現に向けてまた針路を調整すればいいのです。

スポンサーリンク

会社選びに必要なのは「生きた情報」です

就職や転職の際に、どんな会社を選ぶべきか。

その判断材料となる要素の中で、もっとも重要なものは、「生きた情報」をつかめているかどうかです。

「運」や「時代の流れ」など、自分ではどうしようもない要素に翻弄されることも確かにあります。ただ、自分の力でなんとかなる範囲においては、どれだけ生きた情報を知っているか、本当に有効なやり方を実践できているか、転職の成否が決まるのは、そこのところが非常に大きなポイントとなってきます。

最初に会社を決める基準とは?

会社を決める時、多くの人は、夢や希望をもって以下のような理由で選んでいると思います。

・上場していたり企業規模が大きいなど、安定感がある。

・有名企業でプライドを持って働ける。

・やってみたい仕事がそこにある。

・優秀な社員が多く皆で助け合いながら頑張れる社風である。

・頑張れば高収入が得られる可能性がある。

・働き方に自由度があり、個人への裁量も尊重されている。

・目指したい資格やスキルが身につけられる。

・そこそこ楽して働けそうな環境である。

最後の理由は大っぴらには言えないものですが、概ねこのような理由が挙げられると考えます。

これらを総合的に判断し、この先うまくやっていけそう、頑張れそうだと思い至って、入社を決める(応募する)のです。

ただ、そうやって入社した人たちでも決して少なくない割合で、「実際に働いてみたらそうでもなかった」「勤めているうちに苦しくなってきた」「現実を思い知らされた」といった思いを抱えて、その会社を離れていくことになります。

会社を離れなければならなかったのは、入社後にその会社が変わってしまったからでしょうか。

おそらくそうではないでしょう。

以前から変わりなく会社は進み続けており、その流れに途中から参加した本人がうまく溶け込めなかった(溶け込みたくなかった)、組織の一員として機能できなかった(機能したくなかった)、ということになります。

最初の見立てが甘かった、本当に必要な情報のインプットが足りなかったと言えます。

会社選びで失敗すると入社後に修正は効きにくい

知らない世界の全貌をあらかじめ把握し尽くすなどということは、誰にもできません。

まだ入社していない会社のことを知り尽くすことも、個人レベルでは不可能に近いと言えます。

ただ、入手できる様々な情報をつぶさにチェックし、その中の一部に何らかの違和感やギャップを感じることはあるかもしれません。

なぜ違和感を感じるのか、自分が描いていたイメージと会社の実像が違うのか。

それを整理し、本当のところを理解するには、「生きた情報」を得ることしか方法はありません。

採用関連の仕事に長く携わっている人や、転職コンサルティングを数多く手がけている人などは、こうした違和感を感じる能力に長けています。多くの経験から自然とそれを嗅ぎ分けるノウハウを蓄積してきているためです。

転職経験の浅い多くの人は、ノウハウも情報も持っていません。自分一人の力でそれを嗅ぎ分けることは、ほぼ不可能です。

また、どれだけロジカルに会社の好イメージを正当づけていっても、まったく論理的ではない原因で一気に崩壊してしまうこともあります。

たとえば、ある特定の誰かに嫌われて仕事がしづらくなるとか、その会社での仕事のやり方が自分の性に合わないとか。

入社する会社が、片手に満たないほどの社員数のベンチャー企業であれば、本人の頑張り次第で理想形へと変えていくことは可能かもしれません。

しかし、数百人、数千人を超える規模の企業では、個人の力はたかが知れています。荒波に翻弄される小舟です。

だからこそ、最初の会社選びは最重要課題であり、将来の貴重な時間を賭けることになる「勝負」であるとも言えるのです。

失敗しない会社選びのために要領良く情報戦を制する

何であれ何度も繰り返すことで良い結果を出しやすくなる。それは事実ですが、一生に関わる仕事に関して、何度も失敗を繰り返したくはありません。

転職情報の不足した人が一人で戦い抜くことが厳しいなら、より的確な情報を持った他の誰かの助けを借りることが、最も手っ取り早く効率的に転職を成功させる道筋となります。

つまり、自分に合った会社を探すよりも前の段階で、良い情報を持ったパートナーを探した方が、結果として転職成功への近道となるということです。

「理想の会社」を探すその前に、「理想の転職パートナー」を見つけることの方が、大切なポイントになるのです。

会社を見る目のない人は、人を見る目もあまりない、と言えるでしょう。

簡単に信じ込まず、何度も納得できるまで話し合い、その人に自分の将来をある程度託すことができると信じるまで粘って、頼りになる転職パートナーを探し尽くしていきましょう。

信頼できるパートナーとして転職エージェントの活用を

転職活動をする際には、転職エージェントの活用が何より効果的です。

自分の希望や持っているスキル、経験の有無など、新たな仕事に挑むための情報を担当スタッフと共有することで、適切な企業とのマッチングも可能になります。

また、あなたに代わって企業との連絡を取り、面接の段取りなども進めてくれるので、迅速な転職活動が実現できます。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。



転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする