転職回数が多いことに悩むより、それを自分の武器として転職活動にポジティブに挑むべき

転職回数が多いと、人事担当者にはどういった評価をされるのでしょうか。

転職活動がうまくいかない、何十社も受けているが不採用ばかり…そんな状況の時、もしも自分の転職回数が多い人は、それが採用されない原因ではないか?と疑心暗鬼に陥ることもありがちです。

しかし実際は、転職回数の多い・少ないは、それだけで採用/不採用を決定してしまうほどの最重要ポイントではありません。

今回は、少し多めに転職を繰り返している人に向けて、転職活動のポイントを紹介していきますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

転職回数の多さだけで不採用にはならない

一般的には、20代で3回、30代では4〜5回程度になると、転職回数が多いな、というイメージを持たれます。

その会社を退職するには何か理由があるはずなので、面接官もその点について聞いてくることが多くなります。

様々な理由があるでしょうが、まずはそれをきちんと説明すること。
そして、新たな環境への前向きな姿勢や貪欲なチャレンジ精神をアピールすることで、マイナス評価を付けられるのを避けることが可能です。

いくつもの会社・仕事環境を経験しているという事実を踏まえ、これまでに培ってきたキャリアや技術を自分自身で把握し、さらに今後何がやりたいのかという目標を設定する。

転職回数が多い人ほど、そういった「自分自身の棚卸し」が重要になってきます。

・自分の「売り」となるスキルは何か
・何度も辞めてまで転職する理由は何か

面接に挑む前に、これらのポイントを必ず整理し、正しく熱く伝えられるように心がけておきたいところです。

転職が多いことを「負の連鎖」にしてはいけない

何度も転職していることに少しでも負い目があると、そこから様々なほころびが生まれてしまいます。

一番避けたいのは、勝手に自分で自分を卑下してしまうことです。

転職が多いことが自分自身のキャリア形成に不利な状況となっている、スキルアップのための大事な時間を確保できなかった理由である、そんなふうに考えてしまっては元も子もありません。

転職回数が多いのが悪いのだ、と納得してしまうと、今後の転職活動はすべてマイナスからのスタートとなってしまいます。

転職がなかなか成功せずに期間が長引き、自信がなくなりつつある時などは、どうしても考えが暗い方へと傾きがちになるのは、ある程度は仕方がないこと。

精神的にも「全部自分が至らないせいで、転職してしまうのだ…」と追い詰められることも珍しくはありません。

ただ、そこで落ち込んだまま転職活動を続けても、おそらく良い結果は出ないでしょう。

何度も転職しているという事実は変えられない。
ならばそれを受け入れた上で、強い気持ちで、これからの転職活動を組み立てていかなければならないはずです。

そして今度こそは、希望する会社にしっかりと根を張り、腰を据えて目標実現に向けて邁進することを実現化していく、その強い意志を伝えきることです。

転職回数の多さを武器にする、逆転の発想

何度も会社を替わり、転職を繰り返してきた人というのは、言い換えればそれだけ新しい会社に採用され続けた人でもあります。

どの会社も、あなたという人間の価値を値踏みして、自社に貢献してくれると判断した上で採用に至ったはず。

それは既に、転職した経験のない人に比べて、大きなアドバンテージであると言えます。

1人に評価されるよりも、評価軸の異なる多数に認められた方が、その価値は多様性があり魅力的であるということなのです。

また、あなた本人も、自分のスキルや価値に自信があるから、それだけ多くの転職にチャレンジしてこれたのだという証でもあります。

一つの価値観だけで長い間安定した経営を保てる時代はとっくに終わっています。

考えようによっては、同じところにずっと留まり続けて、進化も何もないような環境にいる人材よりも、時代の荒波の真っ只中で転職を繰り返し、常に「生きた」スキルを習得し続けてきた人材の方が、必要とされることはうんと多くなることも充分にあり得ます。

実際のスキルや力量が機能するかどうかは、新しいことにチャレンジできるかどうかという部分にも関わってきます。

そう、転職が多い人は、いつもチャレンジャーとして生きてきた人なのです。

どうぞ自分のキャリアに誇りをもって、転職活動に挑んでください。

こちらの記事も参考にしてください。

参考:なぜ失業期間が長いのですか?など面接で答えにくい質問、どう答える?

信頼できるパートナーとして転職エージェントの活用を

転職活動をする際には、エージェントの活用が何より効果的です。

自分の希望や持っているスキル、経験の有無など、新たな仕事に挑むための情報を担当スタッフと共有することで、適切な企業とのマッチングも可能になります。

また、あなたに代わって企業との連絡を取り、面接の段取りなども進めてくれるので、迅速な転職活動が実現できます。

様々な悩みを一人で抱えていても効率的はありません。信頼できるパートナーをつくる意味でも、転職エージェントへの登録をおすすめします。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。



転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする