転職のモチベーションが落ちた時、再び気持ちをアップさせる方法

前職を辞め、再就職を目指して毎日勢力的に活動を続けていても、思うような結果が出ずに失業期間が長期化してしまうことはよくあります。

理想の再就職先が見つからない、ここぞと思った企業に受からない、そんなことが繰り返されると、どうしても意気は下がってしまいます。

しかし、そんな時でも自分を奮い立たせ、望む企業への扉を開けるために頑張れる方法があります。

スポンサーリンク

心が折れそうになったら試してほしい4つのモチベーションアップ対策

退職してからもろもろの手続きを行い、望む企業への応募・面接を繰り返して、無事採用へと至るまでの期間は、いったいどのくらいを想定していますか?

人は往々にして、あまり根拠のない理想論を掲げてしまいがちです。

「なんとなく、少し休んでから応募して、面接して、採用になって、だいたい1ヶ月くらいで次の会社に行けるかな…」

ですが実際は、常に面接に呼ばれるとは限らず、内定が出るまでには時間がかかります。

内定となっても、最終局面での調整で条件面での折り合いがつかないなど、見送ることもあります。

また、当然、企業側からお祈りが来てしまうことだってあるのです。

一般的には、次の会社が決まって初出社までの期間は、非常にスムーズにいって2ヶ月、通常は3ヶ月程度を見越して活動を行うものです。

3ヶ月を過ぎてしまったら、少し考え方を変え、長期戦を見据えることも視野に入れつつの活動になります。

その間に、どうしても、再就職へのモチベーションが薄れてしまうのはよくあることです。

あまりに断り続けられると、心が折れてしまうことも多々あります。

この世の誰からも求められていないのではないか…そんな苦痛の毎日を送ることのないよう、気持ちをアップさせるために以下の方法をお試しください。

1.資格取得や専門知識の勉強をする

あくまで前向きに自分を叱咤しながら動ける人であれば、望む仕事・職種に役立つ資格や専門知識を身につけるための勉強に集中してみましょう。

企業への応募・面接がいくつも重なってくると、それだけでスケジュール調整が大変になってしまい、知識のインプットはおざなりになっています。

思うような結果が出ないことが続いたら、気持ちをリセットする意味でも、一つのことに無理やりでも入れ込んでみるのです。

資格の勉強などはその先にも生かせる武器になります。芽が出ない時でも準備を怠らず腕を磨いておくことは、長期的にみれば来るべき日に大きく飛躍できるチャンスの種となるのです。

2.何もしない(好きなことだけやる)

先の方法とは正反対ですが、思い切って1週間なら1週間、すべての転職情報を遮断して、好きなことだけに没頭するのです。

日常を離れて旅行に行ったり、プールでくたくたになるまで泳いだり、カラオケに連日通うのもいいでしょう。その際もスマホなどで情報収集などはしないで、あくまで気持ちを平静にさせることを最優先とします。

それでも、なかなか頭はからっぽにできないかもしれません。居てもたってもいられなくなり、もう一度再就職のために励まないと、と思ったら活動再開です。

ポイントは、期間を決めて完全に頭を切り替えるということ。

うまくいかない時は、そういった切り替えさえも曖昧で頭が回らないことがよくあります。そんな虚ろな状態を直すことも狙いです。

3.家族や友人に勇気をもらう

一番ダメなパターンは、すべてを自分一人で抱え込んでしまうことです。

プライドが高い人は、再就職がうまくいかない現状を他の誰にも知らせたくないと考えてしまいがちですが、隠して辛抱するよりも開けっぴろげに話して楽になる方を選んでみましょう。

周りの皆は、あなたのことを心配しつつも、あなたの方から近寄ってくれることを(おそらく)待っています。

一人で悶々と苦しんでいる姿しか見せられないことの方が、周りもつらいのです。

自分の味方となってくれる人たちのぬくもりや好意に甘えることを、恥じないでほしいです。

そのうちに、内定が出て再就職が決まったら、しっかりと皆に報いるようにすればいいのですから。

4.転職のプロにアドバイスを受ける

一人で問題を抱え込まない、ということは再就職活動・転職活動そのものにも言えます。

採用に至らないということには、必ず原因があります。しかし自分だけではその原因に気付かないこともあります。

今まで数多くの採用・不採用を見てきた転職のプロフェッショナルであれば、そこに何らかの光明を見出せることも少なくありません。

家族や友人に力を借りるように、転職のプロにも的確なアドバイスをもらい、少しでも前に進めるよう、一つひとつを改善していく、その積み重ねが重要です。

もうすでに転職エージェントに相談しているけれど、それでもうまくいかないのだ…という場合は、よく考えてみて、エージェントを変えてみるのも一つの手です。

あなたのために適切な道を指し示してくれるパートナー、そんな存在を見つけることが、何よりの採用への近道になるのです。

転職エージェントを活用しましょう

家族や友人が精神的な支えとなってくれる存在であるように、エージェントは論理的に、経験をもとに、採用への後押しをしてくれる存在です。

自分に足りないものは何であり、どう補っていけばいいのか。長所をアピールしつつ、それをマッチングできるポストはどの会社の募集案件か。

積み重ねられた転職のプロのキャリアならではの分厚いサポートを、活用しきること。

個人のスキルだけでは突破できない壁も、一緒なら越えていけることだってあるのです。

おすすめの転職エージェントは、求人案件の数が豊富で様々な選択肢を検討できる【doda(デューダ)】です。



dodaといえば取り扱い求人数・転職支援実績ともに日本最大級の転職エージェント。

さらに「転職者満足度ナンバー1」と、転職経験者からの評価も非常に高いのが特徴です。

業界最大級の取り扱い求人数は、100,000件以上。業績の良い大手・優良企業や外資系、活気あふれるベンチャー企業など、豊富で多彩な求人案件が用意されています。

登録した方だけが応募できる非公開求人は、80〜90%。実に80,000件以上です。

企業からの信頼が厚いため、「doda限定」の求人案件も多数揃っています。

限定求人は高年収・高待遇の人気案件であるケースが多く、限定求人に応募するチャンスを得るだけでもdodaに登録する価値があると言えます。

全国各地に拠点があるため、首都圏・大都市圏以外の方でも効率の良い転職活動ができます。

dodaを利用することで以下のメリットがあります。

◎自分のキャリアやスキルを客観的に整理できる

各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーがあなたの専任となってくれます。

その上であなた自身のキャリア(経歴)やスキル(技術)を総合的に判断し、現在の転職市場での強み・弱みを整理できます。

自分一人ではなかなか客観視できない自分自身の能力を、プロの目でしっかりとチェックすることで、転職成功の確率をアップすることが可能になります。

◎自分の適性を活かせる仕事を見つけられる

あなた自身の強みや希望を知り、実際の求人案件と照らし合わせながら、様々な選択肢を探り出していきます。

イメージ通りの仕事はもちろん、思いもしない新しい業種・職種に出会うことも珍しくありません。

一人では見えない未来の可能性を広げることもできるのです。

◎万全の書類作成法や面接対策

希望する企業の人事担当者に興味や関心を抱かせる履歴書や職務経歴書の書き方とはどんなものか。

プロの視点からの最適なアドバイスを生かすことで、応募書類の時点でライバルから一歩抜け出すことも可能です。

面接が不安な方には、できる限りの詳しい面接情報を事前に知らせてもらえます。

◎求人票では見えない情報もわかる

応募する会社の社風や現場の雰囲気、業界そのものや会社の動向など、「生」のリアルな情報を提供してもらえます。
より具体的な将来像を描くことで、応募へのモチベーションアップやキャリア形成の道筋を立てることができます。

登録からエージェントとの面談、企業の面接、内定、入社まですべて無料です。

無料登録をした後に、キャリアアドバイザーから連絡(メール・電話)が入ります。面談し、あなた自身をキャリアアドバイザーに知ってもらうことから、本格的な転職活動がスタートします。

自分の未来は、仕事で変えることができます。最高の転職を実現して、どうか幸せな未来をかなえてください。



転職エージェントについて、こちらの記事も参考にしてください。

参考:転職が初めての人こそ上手に活用したい。転職エージェントは採用までの頼れるパートナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする